バーニングソウル!!

サブカルチャーを取り上げて、バーニングソウルを取得しようとするブログ。遊戯王好きで、押しはジャック!

【ラノベ】オーバーロード12 聖王国の聖騎士 上 感想

オーバーロード12 聖王国の聖騎士 上

オーバーロード12 聖王国の聖騎士 上

感想

ネタバレ含むので、見てないなら引き返せ。

オルランド

なんとなく、ベルセルクのワイアルドをイメージしてしまった。
巻末のイラストなかったので、みんな同じイメージなのか、若干不安。。。
俺だけじゃないよね?的な不安を感じる。

日本人っぽいな、俺。。。

即死

オルランドとパベル、最後まで登場すると思いきや、即死か。。。
アインズ様に最後フルボッコされるんだろうな~と勝手に思っていたけど、デミウルゴスの暗示で自殺。

千振りの剣

漆黒の剣は?
このカテゴリーではないのか?

ちょっと多すぎてよくわからないが、さほど重要でもないのでしょう!

魔神

魔神はいたのか?
いたとすれば、どうやって倒したのだ?
出ると思いきや、まだ出番がない竜王
話だと、誰かが戦った事あるような口ぶりだったな。

村人失踪事件

聖王国の村で、村人が何人か失踪している事件って、北朝鮮みたいやんけ!
この国のモデルって黒電話王国?
だとすれば、朝鮮半島がベースなのかもしれない。
もしくは、朝鮮半島と日本。

失踪したのは、他の勢力がいそう。
今回は、それの討伐が目的?
早く読まないと分からない。

侵攻がエグい

あえて殺さず、死なない程度にダメージ。。。
攻撃の仕方がエグいが、相手に治療のリソースを割かせるのは、集団戦の基本ですね。
リソースが尽きたほうが、戦争に負ける。
なんで効率よくリソースを使って、相手のリソースを削るのは、上策と言える。
だから、核兵器がなくならないと思うんですよね。

これは、見捨てる覚悟がないと、目的を達成できないという、かなり現実よりの戦闘内容。。。
オーバーロードは、こういう救いようのないことをやってくれるから、好き。
全員助かろうなんて、虫が良すぎるんですよ。
現実も、何かと折り合いを付けないと、全て自分たちの思い通りに行くわけ無いですもんね!

難度

いつものレベルのことだろうか?
表現が変わった??
レベル=何度なら分かり易いが、いきなり200とか出てきたしな。。。
単位がいくつかあるのだろうか?
ドラゴンボールみたいに、スカウター派とキリ派に分かれてる?

新しい武器

デミウルゴス、王女を武器にするんですか。。。。
無慈悲すぎる!
自分を攻撃してくる武器って斬新。
精神汚染効果のある武器は見たことあるけど、持ち主を直接攻撃してくる武器は見たことないな。

相手が攻撃してきたら、武器で受け流せばいいだけ。
相手は、王女を傷つけないように攻撃できなくなる。
相手に精神的ダメージ与える方法がパネェぜ!

パベルの娘

ネイアの評価が、弓の才はあるけど、剣の才はないとか、パベルの戯言そのままやな。。。
まさか、パベルの娘?
序章でパベル持ち上げてたし、可能性高そう!

馬の鞍

馬に長く乗ってると、おまた痛くなるのか。。。
男だと、袋が潰れちゃうのかな?
たまに自転車長時間乗ってると、袋を長時間推したせいか、降りた時に痛みを伴う事がある。
アレに近い感覚だろうか?

バイク乗りも同じことになりそう。

カナリア

カナリアの意味は、毒味みたいなもんだろう。
炭鉱のカナリアって意味で使ったんだろうね。
ネイアの用途は、斥候なのだろうか?

ちなみにIT業界にも、カナリアには同じ意味がある。
カナリアリリースって言葉があって、リリースしたばかりのところに、カナリアみたいに本番で試すような動きがある。

どちらにせよ、俺がカナリアみたいな扱いは受けたくはないが。。。

リュラリュース

こいつって、以前アインズ様にボコられたナーガだっけ?
ハムスケと同等とか言われてたやつ。

アインズ様の強大な力に屈したってことですね。
その後の扱いが、結構雑!

モモンでるか?

モモン派兵の流れだったが、出ないのか。。。。
出ないのは、魔導国と民の仲介役だからか。

これでモモンは、今後の出番は一気に減るだろうね。。。

そういうこと!

なるほど。アインズ様が自らその姿で出向くのね。
外に出たがっているから。
これは、デミウルゴスからのプレゼントだろうか?

外に出るアインズ様を利用して漁夫の利を得ようとする聖騎士って、どっちが悪の存在なんだろうか?

バサー

最初に言葉だけ出てたやつに、ちゃんと出番があるのね。

誰かに平伏したことがあるような発言。
たぶん、デミウルゴスでしょうね。

人質

理想と現実の違いを突き詰められた気がする。
現実は苦く、苦しいからな。
今更ながら、苦いと苦しいは同じ感じを使うことに納得してしまった。。。

人質を使う側、使われる側の考えが見るのが良かったと思いました。

腰から

腰からぶら下げている奴って結局なんだ?
一瞬、男性器かと思ってしまった自分が恥ずかしい!

チェーンだろうか?
だとしたら、部下がどうこうってのは、パンドラズ・アクターのことだろうか?
たしか、あいつも腰にじゃらじゃら付けてた気がする。

幻術

この世界にも幻術あるんだな。
世界に幻術をかけるなんて、どこの忍者の世界??
きっと幻術かけるやつは、写輪眼をもってるに違いない!

助け出した王兄

幻術の話の後だから、こいつ実は悪魔じゃなかろうかって思うのだが。。。
気のせいかな?

幻術の見破り方を教えていたけど、このせいでモモンの素性がバレないかだけが心配。

馬人

容姿を聞いて、セントールの悩みの君原姫乃みたいなのをイメージしてしまった。
二足歩行なのだろうか?後述でケンタウロス出てきているし。。。
ドラクエ5のケンタラウスみたいな感じ?
だとしたら、最初のイメージと違いすぎるな。。。。

萌系アニメに脳が侵食されているのかも知れない。

とうとうアインズ様の素が出たな!
アインズ様、デミの策略を知らないのか。。。。
「どうすんだよ」がリアルすぎる。
あれだ、要件のインプットが不十分なまま、何かを作らされるIT土方の気分になったわ。読んでいて。
悩まされるのは、目的がわからないからなのか、団長の行動が全部裏目に出ているからなのか、どっちだろうね。

悩んでる姿が容易に想像できる。

アインズ様から見たネイラ

殺し屋だと思っているのだろうか?
アインズ様、気が弱すぎる!

目的はそっち?

ネイラに武器を渡した目的は、魔導国が持つ、ルーン武具を広めて人を集めるためか。。。
これは、達成できそうにないな。
最終的に、デミウルゴスの狙い通りの目的は達成できそうだけど、アインズ様の目的は達成できそうにないな。

アインズ様の思惑がハズレるのはいつものことだけど、悲C。。。

読み終えての感想

今回は、アインズ様の視点ではないな。
ネイラ視点が多い。
下巻は、アインズ様視点が多くなる気がする。

人質の考え方や、戦闘内容は、かなり満足。
いまのサブカル作品は、理想論多すぎて、世の現実を知ってしまってる俺には、読むのが苦行すぎるんだよね。。。
だから、今回の現実を直視した考えは、かなり好き。
これって、書くとしたら現実を知ってないとダメな気がする。
丸山先生は、もしかしたら、一時社会人だったのかもしれないな。

あとがき見て思ったけど、今回の話は、夏休みの宿題をテーマに書いた気がしないでもない。
デミウルゴスからの宿題を苦戦して解くアインズ様的な。
自分は、夏休みの宿題を早々に終わらせて、あとはエンジョイバカンス勢だったので、あんまり共感はしませんけどね。

間引く人間の対象に、ネイラが入りそうだったけど、入らなかったのは意外。
最終的には、生き残る気がするけど、次巻は生き残るまでの話がメインになりそう。

あと、あとがきで予告のあり/なし論争が勃発しているような話があったけど、個人的には、予告はいらない。
なぜなら、「オーバーロード」ってタイトルだけで魅力的だから、あんまり煽る必要ないと思うんですよね。
煽った結果、内容違ってましたが一番痛い。
竜王いつ出るねん!って、今でも感じてる。
だから、別に書かなくてもいい気がする。
そのぶん、so-bin氏のイラストを載っけてくれればいいよ。

はやく下巻がみたい。