読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バーニングソウル!!

サブカルチャーを取り上げて、バーニングソウルを取得しようとするブログ。遊戯王好きで、押しはジャック!

【書評】オーバーロード11 山小人の工匠

書評 ライトノベル エンターテイメント

オーバーロード11 山小人の工匠 Blu-ray付特装版

オーバーロード11 山小人の工匠 Blu-ray付特装版

オーバーロード11 山小人の工匠

オーバーロード11 山小人の工匠

前の刊行から結構早い段階で刊行。
内容薄いのかな?と思ったら、いつもと同じくらいの厚さが。
自分は、BD特典付きの方を購入

overlord-anime.com

概要

失われしルーン技術を求めて山小人(ドワーフ)の王国を目指すアインズ。
アウラとシャルティアを従えたアインズが足を踏み入れたドワーフの国ではクアゴアなる亜人種族の侵攻が迫りつつあった。
ルーン工匠を魔導国に引き入れることを交換条件にアインズはドワーフの王都を奪還する約束をする。
そこで待ち受けていたのはクアゴアのみならずアゼルリシア山脈最強の種族、フロスト・ドラゴン。
未知なる世界に魔導国の威光が次々に刻まれていく11巻。

感想

未知なる地への備え

逃避行

ドワーフの国との交渉を理由に、国家運営を放棄するアインズ様。
飛び込み営業の方が楽な模様。
いざとなったら、伝家の宝刀「社内に持ち帰って検討してみます」を使えばいいとのこと。
たしかに、会議で詰まったらよく使うわ。。。
鈴木悟だった頃の影響が強く出ているな。
プロジェクトリーダーとか、結構仕事用語が頻発して出てきた。

プログラミング用語なメイド

今日は、デクリメントっていうメイドがお仕え。
なんか、いろんなものを-1しそうなメイド。
たぶん、リンゴ2個持ってきてっていたら、1個だけ持ってくるに違いない。
メイドの名前ってどこからとってきているのか、気になった。
プログラミング用語からとってくるのかな?
今後のネーミングに注意しておきたい。

意味通じているか、ちょっと不安。
プログラマーじゃないと通じないのだろうか?

デクリメントとは|decrement|dec − 意味 / 定義 / 解説 / 説明 : IT用語辞典

アインズ様の幸子衣装?

今日のお召し物は、白く孔雀のような羽根の付いた衣装。
文面を見ていたら、紅白時の小林幸子の衣装が思い浮かんだ。
あの衣装って、もはや舞台装置だよね。。。

ザリュースとクルシュの子の出産

これって、4巻-蜥蜴人の勇者たち-で出来た子かな?
たしか、ザリュースって一回死んだよな。。。
生き返ったあとに出来たのかな?
そうなると、死体とやったことに。。。
人間種じゃないから、別にどうでも良いけどな。

希少金属

ドワーフの山脈について、使いで来たリザードマンに聞くアインズ様。
その山脈には、希少金属が存在しているらしい。
つまりレアメタルだな。
熱素石が取れるらしい。
まだ現実世界でユグドラシルをプレイしていたときの話に発展。
流通についての話が出て来る。
ココらへんは、経済の話だな。
経済の話は、理論は分かるのだが、なかなか完璧に理解するのは難しい。
結局は独占が最強ってことだろうか?
市場コントロールが大事みたいな内容だった。

リザードマンの村へ

ドワーフの村に行ったことがあるというリザードマンに会うために、リザードマン村へ。
話が長引くと、コキュートスが何かに座ったほうが良いのではないか提案を。
そして、コキュートスが四つん這いになって、上に座ってもらうように催促をする。。。
リザードマンの口調が悪かったことに対する罰を意識して、いつぞやのシャルティアへのお仕置きの真似を。。。
そこまでする必要はないと説得を試みるも、なかなか意見を曲げないコキュートス。
実際は、アインズ様の子どもが出来たときの予行練習のようだ。
姿から分かるように、座り心地は、最悪な様子。
コキュートスってこんなキャラだったのか?
ヒドインズに影響を受けている気がしてならない。
アインズ様もかなり困惑していた様子。

ドワーフの国を求めて

野営

ドワーフの国に向けて出向するアインズ様とアウラとシャルティアとリザードマンのゼンベル。
その他30名近くの魔獣+アンデット。
約一週間の長旅。
一泊目は、野営。
テントとか貼ったり、ゲートで戻ったりせず、要塞を魔法で作成するアインズ様。
あまり戻りたくなかったのだろうな。
テントとかではなく、要塞!
発想のスケールが大きい。
遊戯王ARC-Vで、バトル・ビーストが使った、要塞をイメージした。
詳しくは、過去記事参照。

suzaku-subcul.hatenadiary.com

ドワーフの国を発見!

3日めで到着。
早いな。。。
魔獣が寄り付かないから、周囲に気を配る必要がないからかも知れん。

偵察兵・ハンゾウ

ドワーフの王国に到着。
そして、ハンゾウに中を探らせる。
なんか、徳川家康みたいになっとるで。
ハンゾウって奴だけでなく、サルトビとか、別な名前の奴も使ってやって~

ドワーフとの接触

ハンゾウが何か人工的な音を察知。
一旦集合して、アウラとアインズ様で出向くことに。
アインズ様は、完全不可視化の魔法を使用。
アウラは抜き足差し足忍び足で接近。
アウラは、スキルで持っているのだろうか?

ドワーフのゴンド

アウラが接触に成功。
見た目が子どもだから、成功したのかも知れん。
アインズ様が出ていったら、たぶん逃げ出すだろうな。。。
接触したドワーフの名は、ゴンド。
いかにも山男ですって感じの名前。
不可視化のマントを羽織って作業してたらしい。
あれだね、天狗の隠れ蓑みたいなやつかな?
もしくは、ドラえもんの透明マント。
やっぱりドラえもんの声は、大山のぶ代で再生される。
今の子どもは、わさびドラえもんだと思うと、ジェネレーションギャップを感じる。

天狗の隠れ蓑には、男のロマンが詰まっているから、あれば欲しいな。
覗きがやりたい放題になるからな!

ゴンドがアウラが一人でいることを心配したが、問題ないと答えるアウラ
そしてアインズ様を見たつもりでも、視線がアインズ様に行ってない。。。
アインズ様の不可視化は、そこまで強力なのか。。。
もし、できるようになれば、やりたい放題だな。

姿を見せる

問題ないと判断し、不可視化を解くアインズ様。
案の定、逃げ出そうとするゴンド。
しかし、恐怖という名のプレッシャーで、足が動かない。
アウラを仲介役にしてなんとか事なきを得る。
アウラが居なかったら、話にならなかったな。
それにしても、アンデットが嫌われすぎている。。。
まるで、俺のようだ。
つまり、俺もオーバーロードって言うことか?
違うか。。。

善なる悪魔

アインズ様が自身の説明に生者に友好的なアンデットと説明。
それを聞いたゴンドは、善なる悪魔くらい意味がわからないと。
ドワーフと言っても、知能はそれなりにある様子。

ルーン技術

ルーンの話題に飛びつくゴンド。
そこから、ある程度の信頼関係を築くアインズ様。
やはり、会話には共通事項が重要。
共通の話題がないと、話が進展しないからな。

クアゴアの侵略

抜け殻のドワーフの都市に進行してくるクアゴア。
扉絵とかで見たけど、モグラみたいな見た目。
ポケモンドリュウズに近い。

クアゴアが気づく前に動く。
シャルティアとハンゾウを使って、全員生け捕り。
そして、実験のために、ナザリックに転送。。。
あぁ、こりゃ拷問確定だわ。。。
ニューロニスト・ペインキルに何かやられるに違いない。
たぶん、脳みそ弄くられるぜ。
ダンガンロンパみたから、ちょっと影響を受けたかも知れん。

シャルティアの魅了の能力で、クアゴアがドワーフの王国に侵略しようとしている事を知る。
こりゃ、交渉ネタに使われますな。
アインズ様の圧倒的な軍事力を交渉に使うに違いない!
毎回、タイミングが良すぎるぜ!!!

幕間

どこの国のやり取りだろうか?
イマイチピンとこなかったが、捕縛して孕ませた女を漆黒聖典に取られたような話をしていた。
その女って、クレマンティーヌのことだろうか?
ココらへんの話が気になるな。

迫りくる危機

攻落寸前

案の定、クアゴアの侵略により、攻落寸前まで追い詰められるドワーフ勢。
そこにアインズ様が到着。

難航

ゴンドを仲介に、交渉を進めるアインズ様。
いろいろな思惑が雑じり、なかなか交渉が成立しない。。。
いつもの感じと違うな。
ドワーフの知能が少し低いのかも知れん。
話がまとまらないまま、クアゴア内部の話に切り替わる。

一蹴

クアゴアに、何か特別な個体が出現して、まとまっていなかったクアゴアを統治したらしい。
そして、今回の攻勢に。
しかし、黒い鎧を纏ったやつに一蹴される。
たぶん、デスナイトだろうな。。。
ということは、交渉が成立したのだろう。

こうしょう

武力的脅威に対応しきれないため、アインズ様の交渉が滞りなく成立!
そして、ルーン工匠との話し合いに。
持っているルーン武具を見せ、ルーン工匠の交渉にも成功。
すべて順当に進む。
そして、ザリュースの子への武具の制作を依頼。
材料として、ナザリックのインゴットを渡す。
これ、後で禍根を残しそう。。。

霜の竜王

加工できない

アインズ様より渡されたインゴットを加工して、武具を作ろうとしたが、インゴットが加工できないという事実。。。
こんなところで、鍛冶工房長のプライドを粉々にへし折る。
見えないところで話が進展しているな。
このドワーフ、どうすんだろう?
アインズ様戻ってきて、正直に話すのか、バックレるかの2択しかない気がしてならない。

デスナイト2体が・・・

デスナイト2体がほぼ同時に死亡。
これは、なにか強者がいるのか?
少なくとも、クアゴアでは無い気が。

面倒くさい難所は

全体に飛行魔法を使い、一飛び!
ドラえもんタケコプターみたいなもんか?
面倒事が一気に無くなった。
アレヨアレヨと進んで、目的地へ。

途中までデスナイトが暴れて殺戮した血の跡が。
橋の途中で消えていたらしい。
おそらく、橋を落としてデスナイトを落とした気が。。。
なんか、デスナイトが死亡したのも、事故的なもので、強者は居ないのでは?って気がしてきた。

フロストドラゴン

オラサーダルクというドラゴンが!
かなり前になるが、ニニャが言っていたフロストドラゴンが実在するんだな。
本誌でも少し触れていた。
そして、クアゴアは、弱者として利用されているだけらしい。
理不尽要求が結構あった。
オラサーダルク以外にも、何体かフロストドラゴンがいるらしい。
たしか、ドロップアイテムが良いのばかりだと言っていたから、アインズ様とあったら駆逐されそうだな。
凄い傲慢な態度をとっていたオラサーダルク。
クアゴアが少し可哀想に思えてきたわ。
どうせアインズ様にボコられると思うけど、ちょっと不快。

一夫多妻制?

フロストドラゴンは、一夫多妻制らしい。
オラサーダルクには妃が何体かいる。
そのうちの一人、ヘジンマールがアインズ様の元へと向かわせられる。
ヘジンマールは、強くなく、いわゆる捨て石。
知識はあるようだが、戦闘能力でかなり劣るようだ。
父親であるオラサーダルクに急かされて、アインズ様来るであろう場所に行く羽目に。。。

寝返るヘジンマール

アインズ様の種族と装備を見て、速攻土下座体制をとって配下に入ろうとする。
知識量があったがための行動だな。
アインズ様が即死系の魔法を試そうとしていたから、この行動は正解だな。
たぶん、ヤラれたら、あっさり死ぬ気がしてならない。
ヘジンマールは、どれくらいの強さなのだろう?
0.5ガゼフくらいかな?
1ガゼフは、行っていない気がする。

話が逸れた。
アインズ様は、ドラゴンの爪や牙が欲しかった様子だが、ヘジンマールが戦闘向きのドラゴンではなかったので、命拾いをする。
こりゃ、爪や牙が鋭かったら、問答無用で殺されていたね!
戦闘向きでないことで助かった命だ。
アインズ様に価値なしと判断されて配下に加わることに。

ドラゴンに関する情報

配下に入れたヘジンマールから、生息するフロストドラゴン、使える魔法について聞くアインズ様。
第3位界までしか使えない模様。。。
落胆するアインズ様。。
これで、ハッキリしたね。
30レベルくらいで、プレアデスメンバーでも倒せる。
とは言え、普通の人間だと英雄クラスでしか倒せないわけだが。
スケリトル・ドラゴンと同じくらいの強さなのだろうか?フロストドラゴンは。

お漏らし

ヘジンマールをいらないと判断したアインズ様は、支配権をアウラに移譲。
アウラは、主従関係を明確にするために何かをしたみたいだが、文面だとよく分からん。
なにか殺気のようなモノを放ったのだろうか?
そして、それに耐えられず、お漏らしをするヘジンマール。。。
恐怖のあまり漏らしたとは言えず、喜びのあまり失禁してしまったと。。。
それを聞いて明らかに嫌な顔をするアウラ
しかし、アインズ様は簡単に受け止める。
かつての仲間たちの中で、ペットを買っていたものがおり、よくうれしょんしていたらしい。

自分もペットを飼っていたことはあるが、うれしょんは見たことねぇな。。。
本当に存在しているのだろうか?
調べてみたら、あるらしいな。
犬に多いらしい。
興奮のしすぎらしい。
対策は結構面倒くさいようなことが書いてあった。

気になったのだが、蝉がオシッコ引っ掛けるのは、そういうことだろうか?
何回か引っ掛けられたことがあるのだが、俺を見て興奮したのだろうか?
もしそうなら、超怖いんですけど!

オラサーダルクの元へ

ヘジンマールは、アインズ様を連れてオラサーダルクの元へ。
案の定、オラサーダルクは敵対的な行動を取る。
アインズ様が、配下になるなら殺さずに活かしてやると提案するも、装備品を差し出せというオラサーダルク。。。
強者の奢りが、ここで仇に。。。。
アインズ様の怒りを買い、即死魔法で即死。
結構、あっけなく死んだ。
抵抗する描写もないから、知らぬ間に死んだんだろうな。
そして、それを見た妃の竜は、アインズ様の配下に。
実は、ドラゴンの死体が欲しかったアインズ様の思惑とは別な方向に!
ここだけは、簡単に手には入らなかった。
やり方は、ヤクザみたいだったけど。
他のフロストドラゴンを集めるように命令。

クアゴア討伐

アウラとシャルティアがクアゴアを配下するために動く。
最初に、強いもの以外、身内で殺せと交渉?するが、別の打開策を模索するクアゴア。 傘下にはいる/はいらないの回答ではなかったため、間引きタイムに突入!!
クアゴアの個体数を1万になるように殺戮が開始される。
アウラとシャルティアが強すぎるゆえに、クアゴア達に間引かせようとしたらしいが、結局ダメだった模様。

フロストドラゴン召集!

フロストドラゴンをすべて集める。
中に反抗的なものがおり、アインズ様に楯突く。
そして、即死魔法で瞬殺。。。
それを見せられて、全員配下に入ることに。
そして、死体は冷凍保存の未知へ。。。

結構、悪逆無道。
いや、このアンチ・ヒーロー的な姿に憧れる!

帰還

ドワーフ達が予想していたよりも早く帰還。
そして、ザリュースの子へのプレゼントとして依頼していたものは、依頼していた人がバックレた模様。
もしかすると、どこか別の国にインゴットを持って逃げたのかも知れない。
後々、そのインゴットを使って作った武器を持った人物が、敵対してきそう。
速攻で殺されると思うけど。

フロストドラゴンの使いみち

航空便になった模様。。。
確かに飛べないやつにとっては、航空の便は非常にありがたいハズ。
流通を制するものは、かなり強いからな。

画策をすすめるデミウルゴス

なにか策を進行させるデミウルゴス
末尾の次回予告を見た感じ、ヤルダバオトになって街で暴れて、それをアインズ様に成敗してもらう方向かな?
モモンの方じゃなくて、魔導王として動くと思うな。
次の刊行が来年になるみたい。
早く次が読みたい!

最終感想

前回の刊行ペースより早く出てきたが、内容が凄く充実していた。
毎回思うのだが、2000円くらいでも十分ではないかと思う。
普通のラノベ2冊分よりも、はるかに内容が充実していて満足だった。
特に表紙がカッコいい!!
表紙に映っているフロストドラゴンがカッコいい!!
西洋の竜っぽいな!
個人的には、中国・日本の竜が好きだけど、西洋のドラゴンも捨てがたい!
表紙見ただけで、オラ、ワクワクしてきたぞ!

アルベドが一回も会話に出てこなかったのに驚愕した。
いつも何かしら出てくるのだが。
代わりにシズの出番が多かったな。
あまり出ていないプレアデスのメンバーが多く出てきた気がする。

今回は、パンドラズ・アクターとの絡みなしか。。。
あの絡みは好きだから、楽しみにしていたのだが。。。
代わりにBDが付いてきたと思えば良いか。

ドラゴン系のモンスターが初登場したが、あっさり倒されたことに虚しさを感じる。
たしか、他にもドラゴン系のモンスターがいる描写があったな。
もうちょい描写があっても良かったのではないかと思う。
アインズ様が戦っちゃダメだな。
守護者達に戦わせるのがちょうどいいかも。
アインズ様だと、戦闘条件がない限り、ほぼ勝ちが確定しているからな!

今回は、アウラとシャルティアが中心に出てきたな。
あとは、ハジけたコキュートスが印象的だった。
アウラの配下の魔獣たちをもっと見たいのが本音である。
so-bin氏の魔獣系のイラストが好きだから、もっと見たい。

次回の刊行は2017年か。。。
遠いような近いような。。。
次回予告のタイトルは信用して良いものか、判断に迷う。
デミウルゴスの策っぽいけど同じことを繰り返すのかな?
そんなことはしない気がする。
次回を楽しみに待ちたい。