読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バーニングソウル!!

サブカルチャーを取り上げて、バーニングソウルを取得しようとするブログ。遊戯王好きで、押しはジャック!

プリキュアシリーズを見るようになって思うこと

きっかけ

魔法使いプリキュア早見沙織氏を起用したと聞いて、飛びつく。
いや、それ以前にも堀江由衣氏を起用しているので、見ていたが、どうしても倦怠期が。。。

今までのプリキュア

ハートキャッチプリキュアがものすごく面白かったので、そこから歴史が始まった。
映画も、オッサンが一人で見ても泣けるぐらいよく出来ていた。
後続のスイートは、キュアビートが出てきた辺りから良くなってきて、後半が神がかっていた。
スマイルは、前半の勢いが凄まじかった。
後半は、いろいろ反省して欲しいところがあったけど、飽きはしなかった。
ドキプリ辺りから雲行きが怪しくなり、ハピネスで完全に見放して今に至る。
とは言え、東山奈央が出ると聞いてプリンセスプリキュアは見たけど、妖精かよ!ってツッコんでしまった。
最後までは見れなかったな。。。 そして、魔法使いである。

魔法使いプリキュアで思うこと

ED「魔法アラ・モード」が素晴らしい!

声優陣歌っている。
これは結構革新的。
いままではプリキュア歌手に歌ってもらっていた。
毎回、なぜキャラに歌わせないのか疑問に思っていたが、ようやく声優陣の歌に変わった。

その前のエンディング「CURE UP↑RA♡PAPA~ほほえみになる魔法~」も声優陣が歌っていたが、「魔法アラ・モード」の方が個人的には好き。

声優陣が歌うことの有効性

声優陣が歌うことに変わったことによって、3DCGがより一層良くなった気がする。
なんというか、リアリティーが増した。
ちゃんとキャラが歌っているように見えるのが、臨場感を増したように思える。
なにより、楽しい。
ダンスに合わせてキャラの歌声が聞こえると、頭空っぽになるくらい熱中する。
なにより中毒性が高く、本当に踊っているようで、こっちも小躍りしたくなる。
俺が幼女なら踊っているね!

歌詞は。。。

相変わらず意味がよく分からない。。。
うん、いつもどおり、やっちゃいけないことを繋げただけ。
歌詞より音楽に力入れてるのかな?
でも、最初の方の「M・A・H・O・魔法ガール」を各プリキュアが言うのは、可愛らしいな!
ダンスは、いつも通り可愛らしくシンプルなのがいい。

話の内容

あんまり頭に入ってこないのが、本当のところ。
校長先生を絡めた恋愛系の話になると、一気に冷めそうな気がするので、制作陣には注意してもらいたい。
敵キャラが結構好きだった。
ドクロクシーが、東方不敗とか、マジで燃える!
格闘メインのプリキュアには、持って来いの人を連れてきたな!と思った。
スパルダの小林ゆう氏の声を聞いた時は、あれ?コイツってもしかして味方なる系って思ったけど、倒されて以降、出てこないのが悔やまれる。。。
ガメッツの中田譲治氏も良かった。
如何にも外道っぽい感じと、悪役の幹部ポジが似合っていた。
「魔法入りました」が結構ジョージの声で脳内再生される。それくらいインパクトがあった。

敵役が結構魅力的だったのが、いいところ。
もっと長く居て欲しかったのが正直なところ。

今回の妖精

モフルンの「甘い香りがするモフ」ってのが結構頭から離れない。
たまに口ずさんでしまうのが、怖い。。。

つまり、どういうことだってばよ?

つまり、今の魔法使いプリキュアは、かつての勢いを取り戻しつつある。
特に重要なエンディングを声優起用したことを評価したい。
話なんて、ぶっちゃけ似たり寄ったりだと思う。
暴論かもしれないが、プリキュアシリーズでそんなに違いはないと思っている。
エンディングが重要。
話の内容も重要かも知れないが、エンディングに力を入れた点がよかったと思う。
楽しい感じが出ていて非常に良いと、自分は感じる。
だいたい、アニメのエンディングは暗い感じの奴がおおいけど、プリキュアは毎回明るいからいいんだよね!
自分を引き戻した意味でも、魔法使いプリキュアは評価したい。

そういえば

そういえば、ハートキャッチプリキュアのBD-BOXが出るそうな。
思い入れが強い作品だから、絶対に買いたい!
今の内に予約することをオススメする