バーニングソウル!!

サブカルチャーを取り上げて、バーニングソウルを取得しようとするブログ。遊戯王好きで、押しはジャック!

ソフトウェアのチーム開発10大あるある

私的な見解によるチーム開発あるある。
チーム開発での生産性向上とか一切書かない。
ネタといじりと皮肉しか書かないので、そういったことに興味のある人だけ見て。

あるある一覧

  1. 嫉妬まみれ
  2. 権威の籠絡
  3. 多様性の欠如
  4. 信頼という名の嘘
  5. 能力を偽る
  6. アニオタの集まり
  7. 振り返りという名の公開処刑
  8. なぜか健康志向
  9. BLバリア
  10. 有休プレッシャー

あるある詳細

嫉妬まみれ

ソフトウェア開発現場には女性が少ない。
これはどこの現場も一緒。比率的に男9:女1くらい。
これが悪だ。
なぜなら少ない女性の取り合いがおこるから。オタサーの姫みたいなものだ。
ITエンジニアは、男はモテたことがない人が大多数。
そんな塊の中に女性がいれば取り合いになるのは必然。
そして積極的に女性と話したがる輩が結構いる。俺は違うけど。
飲み会のとき、それは顕著に表れる。
ITエンジニアは、女性に群がるか、墨でひっそりしているかのどちらかに分類される。
雑種ども、次までに女に群がる有象無象を間引いておけ!!見てて不快である

権威の籠絡

年功序列が優先。若手で、ある分野に精通している奴がいても、年功序列に勝てない。
最年長の人が意見を聞いて判断してくれるならまだしも、大抵ゴリ押しされて意見が通りにくい。
意見を通すには、実力を見せる必要があるが、見せるには信頼を得て機会を持つ必要がある。
そうしている間にすっかり籠絡されて、最初の意見は出なくなる。
支配者になるつもりが、飼い犬になってワロタ。。。。
最初に持った考えは忘れてはならない。
ツケを含めて返す。倍返しだ!!

多様性の欠如

だいたいチームは同じ特性を持った奴が集まる。
カースト制度が暗黙のうちに形成されて、異分子は排除される。
そのカーストに耐えられなくなるor上位カーストがNGを出すと職場が変わるイベントが起こります。 そうして同じ特性をもった人が集まり、「みんな仲良く(笑)」の理想のチームができます。

信頼という名の嘘

褒める奴は信用してはいけない。
だいたいが、安い労働力を離したくなくて、建前で褒めちぎっているだけ。
もしくは自分の地位を脅かす奴の成長を止めることが目的。
もう誰も信じない!

能力を偽る

日本人はチョロイ。
能力と関係ないことをしていると、あたかも能力が高いような判断をしてくれる。
例えば、朝早く出社する。なんだか仕事できる人の烙印を勝手に押してくれる。
バカじゃないの?

アニオタの集まり

なぜかアニメ好きが多い。
マジ引くわ~。。。

振り返りという名の公開処刑

振り返りという失敗の改善活動をするのだが、大抵は公開処刑で終わる。
個人と組織の問題がごちゃ混ぜで、終着点はだいたい個人の問題になる。
それって振り返りの意味あるの?

なぜか健康志向

あ...ありのまま、今の冷蔵庫の中身の事を話すぜ!
なぜか、いつも職場の冷蔵庫には「もずく」か「ヨーグルト」がある。
何を言ってるのかわからねーと思うが、なぜか職場の冷蔵庫を開くと必ずどちらかあって当然のように入っている。。。
あと、老眼鏡みたいなブルーフレーム対策の眼鏡かけてたり、ジムに行って体を自慢したがるやるがいるんだぜ。。。
信じられないだろ、健康に気を使っているのに結構早死にするんだぜ。。。

BLバリア

この業界は女性がすくないので、取り合いになるのはご存じのとおり。 女性は興味のない男性からのアプローチを妨げる手法としてBLバリアを発動する。
説明しよう。BLバリアとは、BL(Boys Love)好きを自称して、「私によってくるとBLの餌にするよ」的な雰囲気を醸し出し、男を近寄りづらくさせる。 大体の男には有効な防御手段である。

有休プレッシャー

仕事には山谷がある。忙しいときもあれば暇な時もある。
この業界ではそれが特に顕著だ。
そして、やることないから有意義に有休取ろうとすると、なぜかタスクが降られるんだぜ。。。
有休取ると言わなければ、タスク振られずに平和で暇な一日になる。
もう、仮病使うしかないじゃない!

あとがき

個人の主観によるものです。
ここに書いたことが必ずしも正しい訳ではありません。
しかし、こころ当たりがある人は反省してください!